Language

国際線はこちらから

セキュリティについて

1. 保全対策が強化されています。

現在、那覇空港では、2001年9月11日に発生した米国同時多発テロ事件や2003年3月のイラク戦争勃発後の国際テロ情勢の悪化対策として、ハイジャック検査場において下記のような検査を実施しております。
空港をご利用の皆様には、保安検査時間の増大等によりご不便をおかけすることになりますが、安全対策に対してのご理解とご協力を よろしくお願いいたします。

コートやジャケットの検査
お客様のコートやジャケットもX線検査装置で検査させていただきます。
液体物の検査
出発エリアにお持ち込みになるお飲み物などの液体物は、液体物検査装置で検査させていただきます。
靴の検査
靴などについては、脱いでいただきX線装置で検査することがあります。

2. 航空機の機内にはナイフやはさみなどの危険物となり得るものの持込みが禁止とされています。

ハイジャック検査場でナイフやはさみなどが発見された場合、破棄をお願いすることがあります。
あらかじめ、スーツケース等航空会社へお預けになる荷物の中に入れてください。ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

機内へ持ち込みいただけないもの
  • ・刃物類
  • ・強打すること等により凶器となり得る物
  • ・先端が著しくとがっている物
  • ・その他凶器となり得る物
危険物についてのポスター 危険物についてのポスター

次の物は機内持ち込みができません。またスーツケースなど航空会社にお預けになるお荷物に入れることも、できませんのでご注意ください。
なお、喫煙用ライター(吸引されない液体燃料を含有するものを除きます)は1個だけ、また熱源部に安全カバーが取り付けらているヘアーカーラー1個については航空機内への持込が可能です。
詳細は航空会社にお問い合わせください。

※危険物の代表例
国土交通省航空局ポスター「危険物について」を引用

マップをクリックしていただくと拡大図がご覧になれます。

3.携帯電話や鍵、小物などは、検査場備付けの小物入れにお入れください。

金属探知機による検査を受ける際、危険物以外の携帯電話や鍵、小銭などの金属物は、あらかじめ検査場に備付けの小物入れに入れてください。ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

4.ハイジャック検査場は時間帯で混雑します。

ハイジャック検査場では混雑する時間帯があります。あらかじめその時間帯を避け、お早めに或いはゆっくりと、ハイジャック検査ができるよう時間的余裕を確保してください。 季節や航空便の数などによって多少変化しますが、混雑する時間帯は概ね次のとおりになります。

検査場混雑時間帯:11時~16時

前のページへ戻る

ページのトップへ